Top > 猫の生態と病気

猫の生態と病気

猫も風邪や鼻炎、アレルギーや癌など人間と同じような病気にかかります。猫を健康的に飼う為にも、その生態を良く知っておく必要があります。
日頃の健康チェックに加え、定期的な健康診断は、病気の早期発見につながります。猫も年齢によって、かかりやすい病気が変わっていきます。わずか、1年で成猫になりますので、人間でいう20年分のあらゆる病気の可能性が、1年の間に訪れます。
定期健診だけでなく、予防接種や食事など飼い主は、日々気を配っていかなければなりません。
猫の病気を知る為には、猫の生態を知っておく必要があります。たとえば、猫が縄張りを示す為に、スプレー行為(立ったまま尿を後方に噴射する行為)をしますが、時として縄張り行為ではなく、ストレスからする場合もあるのです。普段はあまりしない猫が、急にスプレー行為を始めたらストレスを疑いましょう。
猫に与える食事からも、時として予期せぬ病気を引き起こしてしまう場合があります。人間が食べているものを与えるのは、決していいことではありません。人間と違う味覚を持つ猫は、塩辛いものは病気の元になります。また、ネギは下痢や貧血、あわびなどの貝類は重篤な皮膚炎を引き起こす原因とされています。

 

 腸内細菌について  ハーブ百科事典  化粧品  女優肌
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
猫の病気(呼吸器)(2009年5月23日)
猫の病気(目と耳)(2009年5月23日)
猫の病気と予防接種(2009年5月23日)
猫の病気と健康管理(2009年5月23日)
猫の生態と病気(2009年5月23日)