Top > 猫の病気と予防接種

猫の病気と予防接種

猫も予防接種で防げる病気があります。予防接種は、主に感染症を防ぐ目的で行われています。離乳の終わる生後2ヶ月位から接種を行いますが、体調不良や体力の低下している時は避けましょう。
一度受ければ、免疫が一生続くというものではないので、成猫になってからも定期的に接種を行う必要があります。
予防接種で防げる猫の病気は、猫ウイルス性鼻気管支炎、猫汎白血球減少症(猫バルボ)、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症や猫白血病ウイルス感染症があります。1つずつ接種するのではなく、3種混合や4種混合といった、複数のワクチンが入ったものを接種します。
ワクチンでは予防することの出来ない猫の病気もあります。猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)や、猫伝染性腹膜炎です。猫エイズはウイルス感染猫との接触などが原因とされている為、室内飼いである程度は予防することができます。猫伝染性腹膜炎は、ストレスによるコロナウイルスの突然変異です。これらの病気には、有効な治療法がありませんので、十分な注意が必要です。
外に一度も出したことの無い室内飼いの猫でも、ウイルスに感染して病気になってしまうことはあります。飼い主や来客によって、外から持ち込まれた微量のウイルスに感染してしまう場合があるからです。たとえ室内飼いでも、健康を維持する為に予防接種は必要なのです。

 

 人気のお菓子  たこ焼きの知識  携帯電話あれこれ  通り魔事件
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
猫の病気(呼吸器)(2009年5月23日)
猫の病気(目と耳)(2009年5月23日)
猫の病気と予防接種(2009年5月23日)
猫の病気と健康管理(2009年5月23日)
猫の生態と病気(2009年5月23日)